kotaspace

当たり前だけど、自分の生き方を真面目に考え始めた21歳の大学生の頭の中です。

【思い出は自分のアイデンティティの一部】

いつも広島市内でバイトがある時、太田川の河川敷を安佐南区の方からずーっと自転車で走ってきます。

 

春になると、桜並木とお花見をする多くの人々で賑わいます。

 

日本の四季には、昔の記憶を掘り起こす力を持っていると思います。

 

「◯年前ののいついつはこんな事があったな…」

 

と。

 

楽しい記憶、悲しい記憶、悔しい記憶もあります。

 

悔しい時に聴いていた曲を今聴くと、その悔しい記憶が思い出されるのと同じように、

 

各季節ごとに感じる風や匂い温度、視覚に入ってくる色や風景。

 

季節には過去を思い出す力がありますね。

 

思い出は自分自身作り上げる上での大切なアイデンティティの一部だと思っています。

 

そんなことやあんなこと(彼女との思い出 笑)を考えながら桜並木を走り抜ける僕でした。(笑)

f:id:kotaspace1207:20170408013845j:image